テレビ

【毒王って誰?】スーパースプレッダー第一人者の周作芬(しゅうさくふん)とは?

2020年1月28日(火)21:00〜「ザ!世界仰天ニュース」が放送されます。

番組内容は、新型肺炎の恐怖についてです。

当時2003年に香港を起点に拡大した新型肺炎「SARS」には、感染源となる“毒王”と呼ばれる存在がいました。

今回はその第一人者である周作芬(しゅうさくふん)という人物についてまとめてみました。


「ザ!世界仰天ニュース」2020年1月28日(火)|番組内容

【番組内容】

新型肺炎!世界拡散の恐怖…去年12月に中国・武漢で発生した新型コロナウイルスによる肺炎。中国から世界へ…実はこの状況は2003年のSARSとよく似ている。SARSはどのように世界に広がったのか?その鍵には「毒王」という1人の男がいた。1人で10人以上に感染させる強力な感染力を持った男性。感染の裏側にあった真実に迫る。

今回はこの「毒王」の第一人者についてまとめます。「毒王」は別名「スーパースプレッダー」とも言われています。


【毒王って誰?】第一人者の周作芬(しゅうさくふん)とは?

2003年に世界をパニックに陥れるSARS(サーズ:重症急性呼吸器症候群)が流行しましたが、周作芬(しゅうさくふん)はその感染を広めた第一人者だと言われています。

その彼が「毒王」と呼ばれるまでの経緯は以下の流れです。

【最初に入院した病院】

中国広東省、広州に暮らしていた周作芬(しゅうさくふん)は5日ほど咳と熱が続いていた。

激しい咳が止まらず、呼吸困難になり、広州市内の中山大学付属第二病院に担ぎこまれた。

その時はSARSウィルスと分からず、重い肺炎と診断され、隔離されることもなかった。

抗生物質は一切効かず、容態はますます悪くなるばかりだった。

ここで違う病院に移ります。

【2番目に入院した病院】

呼吸器の専門科がある同じく付属の第三病院へ入院したが、ここでも隔離されなかった。

この頃、最初に入院した病院で感染者が出ます。

【感染の始まり】

周が2番目の病院に転院して4日後、最初に入院した第二病院で次々と以下のような感染者が出た。

  • 周を診察した者
  • 一度食事を担当しただけのナース
  • 一度点滴を変えただけのナース
  • 救急車に一緒に乗った隊員

そして最悪の悲劇が起きていきます。

【周りが死亡していく】

彼と接した30人の病院スタッフが高熱、咳、呼吸困難の同じ症状で倒れていき、周を運んだ救急隊員の一人が死亡した。

周が入院する第三病院でも医療スタッフが倒れ始め、その入院病棟には周と夕食を共にしていた、周の両親、息子、妻とその両親、親戚や友人などもいた。

そして周の妻の両親が死亡した。

さらに周はここから転院します。

【3番目に入院した病院】

周は3番目の病院に転院し、ようやく隔離されるが同様の事態が起きてしまう。

これらから、

  • 病院スタッフは防ぎようがなかった。
  • 医師たちも途方に暮れた。
  • どんな治療も効果がない。

と言うことで周はナースたちから、ひそかに「毒王」と呼ばれることになったと言います。


【毒王って誰?】スーパースプレッダー第一人者の周作芬(しゅうさくふん)とは?のまとめ

今回は、周作芬(しゅうさくふん)が毒王と呼ばれるまでの経緯についてまとめてみました。

関連記事のこちらも読まれていますので合わせてどうぞ。

【毒王とは何?】新型コロナウイルスの肺炎はSARS同様スーパースプレッダーがいた!?2020年1月28日(火)21:00〜「ザ!世界仰天ニュース」が放送されます。 番組内容は、新型肺炎の恐怖についてです。 当...

それでは、最後までご覧いただきありがとうございます。



Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.