テレビ

【毒王とは何?】新型コロナウイルスの肺炎はSARS同様スーパースプレッダーがいた!?

2020年1月28日(火)21:00〜「ザ!世界仰天ニュース」が放送されます。

番組内容は、新型肺炎の恐怖についてです。

当時2003年に香港を起点に拡大した新型肺炎「SARS」には、感染源となる“毒王”と呼ばれる存在がいました。

今回はその”毒王”についてまとめていきます。


「ザ!世界仰天ニュース」2020年1月28日(火)|番組内容

【番組内容】

新型肺炎!世界拡散の恐怖…去年12月に中国・武漢で発生した新型コロナウイルスによる肺炎。中国から世界へ…実はこの状況は2003年のSARSとよく似ている。SARSはどのように世界に広がったのか?その鍵には「毒王」という1人の男がいた。1人で10人以上に感染させる強力な感染力を持った男性。感染の裏側にあった真実に迫る。

今回はこの「毒王」についてまとめます。また「毒王」は「スーパースプレッダー」とも呼ばれています。


【毒王】スーパースプレッダーの登場はSARSの時

“毒王”と呼ばれる存在が出てきたのは、2003年拡大した新型肺炎「SARS」の時です。

SARS感染の広がりのきっかけ

広東省広州市の病院で肺炎の治療にあたっていた64歳の医師が、自らSARSに感染していることを知らず、親戚の結婚式のため2日間、香港のメトロ・ポール・ホテルの9階に宿泊。ここで症状が悪化した医師の痰、嘔吐物などの排泄物は、トイレや部屋の床に飛散したものと想像される。この医師はプリンス・オブ・ウエールズ病院に送られ、3月4日に死亡。その後、この病院から50人以上の「院内感染者」が出た。

引用:一般財団法人海外法人医療基金

「一般財団法人海外法人医療基金」による内容によると、

“SARSに感染した医師が送られた病院から50人以上の感染者が出た”

ことがSARS感染拡大の始まりのひとつだったとされています。

この医師は、劉リュウ・ジェンルンと言う人物です。

そしてこのような感染源を持った者を「スーパー・スプレッダー」中国語で、“毒王”と呼ばれるようになったようです。


SARS感染者の毒王は世界へ広まっていった

前述した、”SARSに感染した医師が送られた病院から50人以上の感染者が出た”だけでなく、さらに感染者は増加していきました。

ホテル従業員は教授のトイレを清掃した同じ器具で、別室を清掃。別室に宿泊していたシンガポール人、カナダ人、ベトナム人に感染したと思われる。彼らがやがて、なにも知らずに母国にSARSを持ち帰り、世界へと広めたのだ。特に、中国系米国人のビジネスマンが上海、香港、ベトナムに入国。2月21日ハノイで高熱を発し入院。香港に転院したものの3月13日死亡した。ハノイの病院では、この米国人の治療にあたった病院職員7人が発病、うち1人が死亡。

引用:一般財団法人海外法人医療基金

世界へSARSが広まった流れは以下の通りです。

  1. 従業員がSARS感染者の医師が宿泊していたホテルのトイレ掃除をする。
  2. その従業員が別室を清掃した際に、その部屋の宿泊客にSARSが感染。
  3. 感染したシンガポール人、カナダ人、ベトナム人が帰国した際に世界へ広まった。

このようにして、感染源の劉リュウ・ジェンルン医師=“毒王”から世界へと広まっていきました。


各国でSARSの感染拡大

さらに各国で感染は拡大していきました。

香港

画像引用:https://wedge.ismedia.jp/articles/-/17113

香港で感染した男性が香港から北京に戻る航空機内で、偶然乗り合わせた複数の乗客らに感染を広げ、北京や内モンゴル自治区での感染拡大につながりました。

その男性は北京市内の3か所の病院を受診し、それぞれ院内感染を引き起こしたとされています。

シンガポール

画像引用:https://www.arukikata.co.jp/city/SIN/

香港で感染した女性を通じ、100人以上が感染しました。

また、同じホテルで感染した中国人(26歳)がプリンス・オブ・ウエールズ病院に入院し、これも院内感染の感染源となりました。

さらに、同病院で人工透析中の男性(93歳)にも感染し、この男性が近くのアモイガーデンの親族宅に宿泊、マンション内の集団感染も引き起こしたとされています。


新型コロナウイルスによる肺炎も毒王がいる!?

さて気になるのは「新型コロナウイルスによる肺炎」も毒王がいるのかということですが、まだいないと思われます。

もしくは、いるけれども報道されていない考えることもできますね。

武漢市に住む感染者が世界中の人々に感染させるようなことが事実として報道されると、そういった意味では”毒王”と言うことができます。

とは言いつつも、当然そんな未来は誰も望んではいません。他の国同様、日本も一刻も早く入国禁止にして欲しいものですね。


新型コロナウイルスの感染源は何?

新型コロナウイルスの感染源も気になります。

現在様々な報道がされていますが、2020年1月28日の時点では野生動物が新型肺炎の感染源とみられています。

武漢市の華南海鮮市場で採取したサンプルから新型のコロナウイルスが大量に検出されたと伝えました。

専門家のチームが1月1日と12日に採取した585のサンプルのうち、33のサンプルからウイルスを検出したということです。その多くは市場内の野生動物が売られていた区域で検出されたことから、野生動物が新型肺炎の感染源とみられるとしています。

引用:https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3889547.html

この他にも「研究所からウイルスが漏れた」といった説もありますが実際のところは断定できません。

都合の悪いことは情報操作されている可能性もありますからね…。

続報で新しい情報が入り次第、追記していきます。


まとめ

今回は「毒王」についてまとめてみました。

現在新型コロナウイルスが話題ですが、感染者の中国人が感染源の”毒王”となり、世界に広まっていくことは勘弁して欲しいですね。

また「毒王」の第一人者と言われている人物についてはこちらです。

【毒王って誰?】スーパースプレッダー第一人者の周作芬(しゅうさくふん)とは?2020年1月28日(火)21:00〜「ザ!世界仰天ニュース」が放送されます。 番組内容は、新型肺炎の恐怖についてです。 当...

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。



Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.