事件

【暴行・暴力】石浦と宝香鵬の処分は解雇で引退!?宮城野部屋は解散か?

宮城野部屋で幕内の石浦(29)と幕下の宝香鵬(30)が、2人で稽古をしている際に拳を振るって殴り合いのけんかをしたとの報道がありました。

そこで今回は、石浦と宝香鵬の処分がどうなるのか、また宮城野部屋はどう責任をとるのかについてまとめていきます。


宮城野部屋で幕内の石浦と幕下の宝香鵬がけんか

画像引用:日刊スポーツ

大相撲初場所を8日後に控えた4日、東京都墨田区の宮城野部屋で幕内の石浦(29)と幕下の宝香鵬(30)が2人で稽古をしている際に拳を振るって殴り合いのけんかとなり、稽古場にいた白鵬に制止された。2人は同学年だが入門は宝香鵬が6年早い。

相撲協会が暴力問題の再発防止に全力を注いでいるときであり、師匠の宮城野親方(元幕内竹葉山)はすぐに伊勢ケ浜一門の高島理事(元関脇高望山)ら相撲協会に事態を報告した。

稽古が始まりしばらくすると険悪な雰囲気となり、石浦が宝香鵬を寄り倒すと互いに手が出た。

師匠は「やめろ!」と乱暴な内容にくぎを刺したが、その後も宝香鵬に寄り切られた石浦が再び拳を振るい、宝香鵬もやり返す状態に。見かねた白鵬が、「いいかげんにしろ!」と間に割って入って稽古を終えた。

石浦は「熱くなったっすね。冷静に稽古しないとだめ」と反省。宮城野親方も「(相撲協会に報告は)してます。暴力は暴力ですから。お互いに悪かったと反省している。きつく注意する以外ない。熱くなってはせっかくのいい稽古が台無しになる」と話した。

引用:yahooニュース

稽古中にけんかがあったとのことですが、これは暴力事件といっても過言ではありません。

しかも師匠が注意しても止まらず、白鵬が注意してやっと収まるこの宮城野部屋にも問題がありそうですね。

ネットではこの一件に対し、こんな声が出ています。(ヤフコメより引用)

「稽古と殴り合いは根本的に違うだろう。いくら稽古の延長で起こったことでも怨恨があるから殴り合いになったんだろう。協会は暴力追放を掲げている最中だ。これが暴力事件でなくて何なんだ。」

「番付が下の力士に負けて暴力。ダサすぎる。やり返したのは悪くないと思う。」

「師匠が叱っても止まらないところに問題あるだろう。なんで現役横綱が仲裁に入らないとやめないの?」

と様々な声がありますが、全てのコメントを見ると、やはり先に手を出した石浦に非があるという意見が多かったですね。相撲協会が今後どう対応するか続報を待ちましょう。


石浦と宝香鵬の処分は解雇で引退?

さてこの一件で、石浦と宝香鵬の処分がどうなるのか?というところが重要です。

報道では「けんか」と表現されていますが、その程度ではなくこれは「暴力事件」だと言ってもおかしくはありません。

現在相撲協会は、“暴力問題の再発防止に全力を注いでいるとき”なので、これを厳重注意で終わらせるだけだと、それはどうかと思いますね。

ネットでもそのような声が相次いでいます。

「暴力があれば解雇に近い形にするのではなかったのでしょうか?部屋によって対応を変えるのでしょうか?」

「これは石浦が一方的に悪いのでは。幕下に寄り切られるのもどうかと思うし、それで怒って殴るとか、問題外だ。厳重な処分を下すべき。」

「十両力士は指導のげんこつで引退したぞ。稽古場でも暴力は暴力!相撲協会が暴力根絶を声高に表明しているときに、不問なんてありえない。厳しい処分を。」

石浦と宝香鵬の両者に同等の処分が下るかは分かりませんが、発端となった石浦には厳罰な処分を下すべきだという意見が多数でした。

これは今後、解雇や引退といった形になってもおかしくは無い”事件”だと思いますね。

現時点での報道では、処分があるかどうかは明らかになっていないので、続報が来次第追記していきます。


石浦と宝香鵬は元貴乃花部屋の貴ノ富士と同等の処分か

実は過去に似たようなケースがありました。

元貴乃花部屋の貴ノ富士が、一度目は支度部屋で付け人を殴打、二度目も付け人の序二段力士に暴力、といった暴行事件で以下のような処分を受けています。

  • 1度目:1場所出場停止処分
  • 2度目:秋場所を休場で謹慎

これを元に、今回も石浦と宝香鵬には同等の処分を求める声が強まっています。

「石浦と宝香鵬には処分を下さなければいけないと思う。元貴乃花部屋の力士はアウトで、宮城野部屋はセーフなんてことは無いようにしてもらいたい。」

「協会も旧貴乃花部屋及び貴ノ岩、貴ノ富士に厳しい処分を出した!今回の石浦、宝香鵬に対して厳しい処分を出さないと世論は納得しないぞ!」

「貴乃花の部屋はダメで他の部屋は注意で終わるのは少し納得できませんね。」

石浦と宝香鵬には未だこれといった処分が下されていないようで、”お咎めなし”は流石に無いだろうという見方が強まっています。


宮城野部屋は解散か?

石浦と宝香鵬だけでなく、宮城野部屋にも責任を取る必要があるとの声も多いようです。

「宮城野部屋は解散すべきでしょう。」

「石浦と宝香鵬が当事者として悪いのは当然で、相当重い処分を理事会がすべきですね。ただこんなギクシャクした部屋を運営している宮城野親方と、部屋頭の白鵬も、世間一般の感覚なら管理責任は免れないでしょうね。」

「宮城野部屋は昔から嫌いだったが、日常的にこういうことが行われていたんだね。例え横綱の部屋でも暴力をした力士は処分されるということを、相撲協会は厳しく対処して欲しい。」

このように、宮城野部屋も責任を取り解散すべきだと主張する人が多くいました。

似たようなケースで貴乃花部屋は解散しましたので、宮城野部屋も解散すべきだという意見は正しいですよね。

ただ”横綱のいる部屋はお咎めなし”などといったことになれば、相撲協会の闇が見えてきそうですが…。

この件に関して、今後の協会に注目ですね。



Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.