スポーツ

【カンフーサッカー】橋岡にレッド同然のファウルをした中国11番は誰!?審判は?

本日2019年12月10日に行われたサッカー日本代表VS中国代表で、とんでもないファウルが起きてしまいました。

なんと日本の橋岡選手の顔めがけて、中国の11番の選手が跳び蹴りをしたのです!

このプレーがまるでカンフーサッカー(少林サッカー)だと話題になっています。

正直ありえないし、スポーツマンシップもくそもないプレーですが、この中国の11番の選手は誰なのでしょうか!?

橋岡選手の顔に飛び蹴りした中国の11番は誰!?

まずはファウルの動画をご覧ください。

https://twitter.com/wearereds__/status/1204356594428833793?s=20

はい、完全にボールではなく顔に行っています。とても危険なプレーです。

これでレッドカードではなくイエローカードでしたので、ちょっと如何なものかと思いましたね。


この選手はDFのジャン・ジーポン選手

この危険な跳び蹴りをしたのはDFのジャン・ジーポン選手です。

字幕では姜 至鵬(きょうしほう)と出ていましたね。

提示されたのはイエローカードでしたが、ジャン・ジーボンは悪びれることなく、「なぜファウルなのか?」といったジェスチャーをまじえてまさかの無実をアピールをしていました。

審判はイルギス・タンタシェフ主審

この試合の審判はイルギス・タンタシェフ主審です。

これまでの経歴などはこちらを参考にしてください。↓

https://soccer-db.net/referee/index.php?re=1367




このカンフーサッカーに対して闘莉王の反応は?

解説を務めた元日本代表DFの田中マルクス闘莉王氏(38)は、このプレーについて「足の裏ですし、レッド出ても全然おかしくありません」と指摘。

カビラ氏は「これはシャオリン・サッカーですよ。許されません、こういうプレーは」と声を荒げていた。

引用:サンスポ

当然怒りの声が上がっています。ネットでもこれがイエロー止まりなのも疑問視されていますね。

このプレーに対してのネットの反応

男性
男性
これレッドじゃないとか 審判おかしいだろ
男性
男性
蹴った選手の心配を一切していないだと……?蹴った直後も自分の着地に気を割いてる……やばい
男性
男性
これでイエロー。 ならなにしたらレッドカード出るのかな? 謎です
男性
男性
いやてかさ、ファウル云々じゃなくて暴行事件じゃねーの?ラグビーとか他の競技でもこんな事したら退場以前に普通に捕まるだろ。
男性
男性
一発レッドじゃない方が驚き どう見ても後頭部蹴ってるのに




まとめ

今回はなんとも酷いファールでした。

比較的中国と韓国は日本に対してのファールが激し目ですが、これもサッカーです。とは一言で片付けられないファールだと思います。

下手すれば大怪我で選手生命すら危うくなるような、もはや事件でした。

プレーに熱中するあまりボールウォッチャーになってしまったのもわかりますが、これからはもう少しスポーツマンシップにのっとってのプレーを心掛けて欲しいです。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。



Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.