スポーツ

菊池涼介の交際相手Aさんは誰で顔画像は?セフレで美人局のハニートラップにかかったか

昨年2019年に極秘結婚していた、プロ野球・広島東洋カープで二塁手を務めている菊池涼介選手。

子供も間も無く生まれる予定で、順風満帆な結婚生活を送っていたかに思えましたが、ここにきて女性トラブルが報道されました。


菊池涼介選手が独身時代の交際相手Aさんに慰謝料8000万円を請求される

報道にあったのは、

”広島カープの菊池涼介選手が、独身時代の交際相手Aさんに慰謝料8000万円を請求される”

といった内容です。

2019年に結婚し、近く子供も授かる予定の菊池選手ですが、いったいこのAさんとは何があったのでしょうか。


菊池涼介選手は知人にAさんを紹介される

菊池選手は、広島出身の知人にAさんを紹介されたとのことです。

「広島出身の知人からAさんを紹介され、『軽く付き合えるならお願いします』と返事をし、会うことになりました。知人は私以外のカープ選手とも親しく、真剣な交際ではないとの意味はよくわかっていると思って頼んだのですが…」

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200313-00000097-sasahi-base&p=1

知人からAさんを紹介された菊池選手は、「軽く付き合えるならお願いします」と返事をして会うことになったそうです。

この際、菊池選手はAさんとは真剣に交際する気持ちはなかったようですね。

事実、初デートの10日後には肉体関係を持ち、それ以降ホテルに呼び出すことが何回もあったとのことです。

このAさんの名前や顔画像などは明かされていませんが、菊池選手にとって都合の良い女であったことは否めないかもしれませんね…。

菊池涼介選手の交際相手Aさんはセフレ?

菊池選手はAさんと初デートをした10日後に、肉体関係を持ったとのことです。

Aさんとの最初のデートは東京でのドライブだった。その10日後に菊池氏はAさんと肉体関係を結ぶことになった。その後、1~2か月に1度程度、遠征先のホテルなどでAさんと会い、交際が続いたという。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200313-00000097-sasahi-base&p=1

最初に肉体関係を持った日以降も、1~2か月に1度程度、遠征先のホテルなどでAさんと会っては肉体関係を持っていた様子が伺えます。

さらに菊池選手も以下のように、お互い恋愛愛感情はなかったと述べています。

「Aさんには恋愛感情はなく、私から一方的に〇日に東京だけどという感じでSNSのメッセージを送信したりしていました。Aさんの都合が合えば、ホテルで一夜を過ごす感じでした。恋人同士なら、好きだとか、愛しているとかそういうやりとりになるじゃないですか。けど、私とAさんとの間は、お互いの日程を伝える内容だけで恋愛感情は感じられませんでした」

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200313-00000097-sasahi-base&p=2

菊池選手曰く、

  1. Aさんから恋愛感情は感じられなかった
  2. SNSで一方的にAさんへメッセージしていた
  3. 都合が合えばホテルで一夜を過ごす
  4. 恋人同士のような会話がなかった

といったように、自身とAさんの間には恋愛感情がなく、恋人同士といった関係ではなかったと述べられています。

これを見る限りではセフレとしか考えられません。

菊池選手も初めから「軽い付き合い」という認識でAさんと会っていますので、Aさんとは”遊び”であったと思われます。

しかしAさんはというとセフレではなく、菊池選手とは真剣交際であったと主張しているのです。


Aさんは菊池選手とは真剣交際であったと主張

菊池涼介 美人局 セフレ

菊池選手曰く、

  • 都合の良い日にホテルで一夜を過ごす
  • 恋人同士のような会話がない

と、Aさんからは恋愛感情が感じられなかったとのことでしたが、Aさんは菊池選手とはセフレではなく真剣交際のつもりであったと主張しています。

それは、知人から「Aさんに結婚することを伝えたのか」と催促された際、Aさんにメッセージを入れた時のことです。

「電話で何度かAさんと話しました。真剣な交際だったとか、好きだったなどという話もありました。普通、恋愛感情があれば、『今日の試合頑張って』とか『勝ったね、おめでとう』とかメッセージがくるじゃないですか。そんなメッセージはこれまでありません。急に言われて違和感がありました」

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200313-00000097-sasahi-base&p=2

Aさんの主張は、「真剣交際であった」「好きだった」というような内容。

これまでお互いに恋愛感情がなかったと思っていた菊池選手は、急な変わりように違和感を覚えたと言います。

これまでA子さんから連絡が来ることがなかったのに、急にいつもと違った様子だと困惑してしまいますし、また何か第三者が絡んでそうな気もしますね。


年が明けて弁護士から菊池選手に電話

菊池涼介 美人局 セフレ

そして年が明けた2020年、菊池選手にAさんの弁護士から電話があります。

Aさんの要求は、1ヶ月以内に8000万円を払ってくれとのこと。

この法外とも思える高額な慰謝料に、菊池選手は戸惑いや恐怖があったと言います。

Aさんは真剣交際であったと主張し、菊池選手はそうではなかったと主張。

この両者の認識のずれから、今回菊池選手が東京簡裁に調停申立書を提出することになったようです。


菊池涼介選手の独身時代の交際相手Aさんは美人局でハニートラップ?

この交際相手のAさんは、本当に最初から菊池選手と真剣交際のつもりだったのでしょうか。

ネットではこのAさんは「美人局ではないか?」といった声が相次いでいます。

確かにこれまでの動向から、このAさんが美人局と考えることはできますね。

菊池選手の話では、Aさんと自身の間には恋愛感情がなく、恋人同士のような会話もなかったとのことでした。

しかし、菊池選手が今の妻と交際が始まりAさんと疎遠になったことをきっかけに、以下のような書面がAさんの弁護士から届いています。

真剣な交際として菊池氏を紹介された

菊池氏の子供を産んでくれるかと質問された

菊池氏から(Aさんに)恋愛感情を述べられた

デートの場所や時間帯、あらゆる点で自分を殺して菊池氏に奉仕してきた

バレンタインデーや菊池氏の誕生日にはプレゼントを渡すなどして、結婚を前提とした交際

好きでなければホテルに呼ばないと(菊池氏から)告げられた

2年間を菊池氏に捧げてきた><都合よくホテルに呼ばれ、弄ばれた

そして、1ヶ月以内に8000万円という高額な慰謝料の請求。

この変貌ぶりにAさんは美人局だという声が多く挙がっているのかと思われます。

ハニートラップと表現している方も多くいましたね。

現状、そのように断定はできませんが可能性としてはあり得ます。今後の法廷での対決で何か明るみに出れば追記していこうと思います。



Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.