東京オリンピック

【画像】小池祐貴の太ももの筋肉がやばい!その効果や練習法についても!

東京オリンピックの100mで日本代表に内定した小池祐貴選手。

彼はアジア大会や日本選手権優勝しており、オリンピックでの活躍も期待されています。

そんな小池選手は、筋肉が凄いことでも話題になっているようです。

そこで今回は、彼の筋肉の画像やそれがもたらす効果について調べてみました。

また、トレーニングの方法も紹介していきましょう。

小池祐貴は結婚して嫁(妻)がいる?彼女や好きなタイプも調査!東京オリンピックの100mで日本代表となった小池祐貴選手。 彼はアジア大会で金メダルを獲得するなどの実績があり、笑顔が可愛いことで...


【画像】小池祐貴の太ももの筋肉

小池祐貴選手の太ももの筋肉が凄いと話題になっています。

陸上選手は筋肉量が多い人が多いですが、小池選手の太ももは特に凄いと話題になっているようですね。

そんな小池選手の筋肉の画像がこちらです。

小池祐貴の筋肉画像引用:https://den-gaku.net

小池選手(右から2番目)の太ももが割れているのが分かります。

小池祐貴の筋肉画像引用:https://raku-media.com

かなり太ももに筋肉がかなり付いていて、太くなっているのが分かりますね。

小池祐貴の筋肉画像引用:https://raku-media.com

横の角度から見ても、太いのが分かります。

女性のウエストよりも小池選手の太ももの方が太いのではないかとまで言われているようです。

一体何㎝なのか気になりますが、特に公表などはされていませんでした。しかし、小池選手の太ももは競輪選手レベルです。

競輪選手の平均の太ももの太さは60~75㎝だそうですが、小池選手の太ももは70~75㎝くらいはあると推測されています。

競輪選手レベルの太さなのは本当に異次元ですよね。

小池祐貴の太ももがもたらす効果

小池祐貴の筋肉画像引用:Twitter

小池祐貴選手は、太ももの筋肉が発達しているため股関節の曲げ始めが速いのだそうです。

短距離を走る選手は、地面を蹴って太ももを上げて走っています。太ももを上げて股関節を曲げ始める時は、太ももの筋肉が働きやすいと言われいるそうです。

太ももを上げた後は腸腰筋が必要なのですが、地面を蹴って太ももを上げる時は大腿四頭筋という太ももの筋肉が重要になります。

小池選手は、その地面を蹴ってから股関節を曲げて太ももを上げるまでがとても速いとのこと。

画像引用:https://www.nikkansports.com

太ももの筋肉が発達しているからこそ、太ももを上げるまでが速いのだと考えられます。

それによって、他の選手よりも低身長であっても好記録を出すことができるようになるそうです。

さらに、コーチは、

「最初に思ったのは、今の選手は自分でよく考えているが、ベースが圧倒的に足りないということでした。どうしてもかっこいいものというか、短時間で効力が表れるものをやりたくなる。でも、それをやるためのベースがないのでケガをするんです。だから全体的な体力をつけてから新しいものをやっていかないと、競技力として向上していかない。それに気づいてくれたのが大きいと思います」

引用:web Sportiva

と語っていました。

体力や筋力をつけたことにより、成績を残せるようになったといいます。

これまでの努力をオリンピックで存分に発揮してほしいですね!

小池祐貴の練習法やトレーニングについて

小池祐貴の練習方法画像引用:https://tarzanweb.jp

小池祐貴選手は、走り込みとウェイトトレーニングを主にしています。

これはほとんどのアスリートがしているトレーニングなのですが、小池選手は人の倍くらいの量を行っているといいます。

毎日人の倍もトレーニングをしているからこそ、あれほどの凄い筋肉がついているのでしょうね。

また、コーチの臼井淳一さんから教わった全力疾走禁止というトレーニングをしていたとのこと。

これは6~9割くらいの力で走るというもので、身体に正しい動きを覚えさせるための練習方法なのだそうです。

この練習について小池選手はこのように話していました。

遅く、正確に走るのは難しい。スピードを出して練習すると、感覚的な細かい部分をごまかせると気が付いたと小池。

引用:日刊スポーツ

無駄がなく重要な点をこなし、自分を成長させるのが小池選手のトレーニングということが分かりますね。

また「スパイクを履かない」といった練習もしていたそうです。

これは臼井コーチの教えで「スパイクを履いて走ると速く走っていると勘違いする」という考えがあったといいます。

またベンチプレスもしており、高校生の時には120㎏を持ち上げていたそうです。

個性的な練習法によって、好成績を残しているのでしょうね!

まとめ

小池祐貴の筋肉画像引用:https://paragon-style.com

小池祐貴選手の太ももの筋肉についてまとめました。

以下、簡単なまとめです。

  • 大腿四頭筋が発達しているため太ももを上げるのが速い
  • 走り込みやウェイトトレーニングを人の倍行っている
  • 全力疾走禁止やスパイクを履かないなどの練習をしている

今後も小池選手の活躍に期待したいですね。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

小池祐貴は結婚して嫁(妻)がいる?彼女や好きなタイプも調査!東京オリンピックの100mで日本代表となった小池祐貴選手。 彼はアジア大会で金メダルを獲得するなどの実績があり、笑顔が可愛いことで...
橋岡優輝の家系図
【画像】橋岡優輝の家系図まとめ!家族親戚はアスリートばかり!走り幅跳びで東京オリンピックの日本代表に内定した橋岡優輝さん。 彼はU20世界選手権で優勝するなどの好成績を残しており、オリンピッ...
デーデーブルーノの両親(母・父)の職業は?国籍や何人かについても!東京オリンピックの日本代表に内定している陸上選手のデーデーブルーノ選手。 2021年の日本選手権では100m、200mでどちらとも...
【画像】多田修平の両親(父・母)と弟|家族構成を総まとめ!東京オリンピックの日本代表に内定している陸上選手・多田修平さん。 彼はスタートダッシュが素晴らしいことでも注目されています。 ...


Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.