未分類

センター試験(2020)数学IAで出題ミス?コイン表裏の確率表記無しで全員20点!?

2020年1月19日に最後のセンターが行われましたが、数学IAの確率の問題で、これは出題ミスでは?と話題になっています。

中には、

  • 「出題ミスで大問丸ごと全員正解」
  • 「受験者全員に20点付与」

と騒ぎ立てる人も出てきました。

今回はそんな内容をまとめていきます。


2020年1月19日、センター試験の数学IAで出題ミス!?

出題ミスでは?と話題になっているのは、2020年1月19日のセンター試験の数学IAの第3問の「確率」の問題です。

議論になっているのは、

コインの表裏で出る確率(1/2)がどこにも記載されていない

といった内容です。

昨年の東京大学2019年の「確率」問題では表記されていたが、

今年のセンター数学2020年は表記されていないのはどうなんだとのことです。

コインの裏表の確率(1/2)表記は必ず記載されていないといけないといったルールはないとは思いますが、少なくとも「1/2でいいんだよね?」と迷った受験生はいたようです。


出題ミスにより大問丸ごと正解で全員に20点!?

ネットでは「出題ミスだから全員20点だろ」などといった声が相次いでいます。

というのも前日の18日に行われたセンター試験の世界史Bの1問で出題ミスがあり、こちらでは正式に受験者全員に対して2点が付与されることが決まったからです。

直近でこのような事象があったため、数学IAも同じ理由で大問丸ごとの点数20点くれるよね?といった主張ですが、

現状はそのような対処をするといった報道はありません。

切り替えて二次試験の対策に時間を使いましょう。


みんなの反応

「そもそも同様に確からしいとは言えませんもんね、断りがないと」

「問題集でもサイコロとかもそうだけど「〜は同様に確からしい」とかって書かれてないの結構多いよね」

「サイコロが1/6ずつ同様に出るくらい自明なんじゃない? 過去問解いたら何となく分かると思うけど」

昨年のセンター数学1Aでも、特に断りなく暗黙に「各目の出る確率が同様に確からしい6面さいころ」となってるから、コインでもそういうことだろう




関連記事

こちらの2020年のセンター試験についての関連記事についてもどうぞ。

センター試験(2020)世界史Bの出題ミス(誤り)はどんな問題内容!?2020年1月18日に最後のセンターが行われましたが、世界史Bの問題で出題ミスの問題がありました。 ここではその問題の内容と、なぜ...


Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.