コロナウイルス

【顔画像】諸田洋之静岡県議員がマスク大量転売で売り上げは?処分や辞職の可能性は?

新型コロナウイルスの影響で、マスクをネットオークションで転売する行為が問題となっています。

そんな中、静岡県議がネットオークションにマスクを大量出品していたことが判明してしまいました。


諸田洋之(もろたひろゆき)静岡県議がネットオークションでマスクを大量転売か

静岡県議がマスクを大量にネットオークションに出品していたことが7日、分かった。新型コロナウイルスによる品薄で、1セット2千枚が数万円から十数万円で落札されていた。

引用:ライブドアニュース

報道されたのは、静岡県議がマスクをネットオークションに大量に販売していたといった内容です。

新型コロナウイルスによる影響で、全国でマスク不足になっている状況での報道ですので反射的に「転売」と思った方もいらっしゃるかと思いますが、静岡新聞では以下のように報道されています。

焼津市選出の諸田洋之県議(無所属)がインターネットオークションにマスクを大量に出品していたことが6日、分かった。新型コロナウイルス感染拡大でマスクが品薄状態の中、入札で高値に釣り上がったケースもあった。
取引履歴や諸田氏の説明によると、諸田氏は2月半ばごろから医療用マスク2千枚セットなどを40回以上にわたって出品し、1回当たり数万~十数万円で落札されていた。
諸田氏は取材に対し、出品を認めた上で、出品したマスクは自分が仕事で仕入れた在庫品だと説明。「転売品ではなく、問題ない」と主張した。落札額についても「出品時は1円からスタートしている。落札は相場価格だ」と正当性を強調したが、「異なる見方もあるので」として入札価格が74万円台になっていた医療用マスク2千枚セットなどの出品を6日、取り下げた。

引用:静岡新聞SBS

これらをまとめると、

出品したのは焼津市選出の諸田洋之県議
2月半ばごろから医療用マスク2千枚セットで販売
回数にして約40回販売
1回当たり数万~十数万円で落札される
諸田氏は転売ではないと主張

諸田氏によると、出品を認めた上で次のように問題ない理由を答えています。

  • 転売品ではない
  • 出品時は1円スタートで相場価格で落札されている

確かにこう言われると一見問題ないようにも見えます。

最高額十数万円で落札されているので、仮に15万円で2000枚セットと考えると1枚あたり75円ですので、金額に関してはまぁ妥当かなと思いますよね。

しかし、「2000枚セット」を個人で40回も販売していたことは異常です。

2000枚セットということは、何万単位でマスクを仕入れていたと考えられますので、最初から転売目的であったと思われます。

諸田氏の「転売品ではない」という言い分は通らないでしょう。

さらにこれだけではなく、落札者によってはさらに問題となってくる可能性があります。


諸田洋之が販売したマスクを購入した人が転売ヤーだった場合

もしもこのマスクを転売ヤーが目を付けて大量に購入し、それをそのまま高額で転売していたらどうなるでしょうか。

そうなると間接的にマスクの高額転売に関わっていることになります。

適正な価格で販売しているからとはいえ、禁止されている行為を間接的に担ってしまいます。

直近では、政府がサイトの運営会社にマスクの出品を自粛するよう要請していましたが、3月5日には規制をさらに強めましたね。

これにより法律に基づいて転売を禁止し、違反した場合は罰則も科す方針が決められたばかりです。

間接的に関わってしまうとどう捉えられるかわかりませんが、マスク転売が社会現象になるほどですので、少なくとも多くの人が否定的な意見であることは間違いないです。

そもそも2000枚セットを40回も販売していたのなら、どう考えても転売なので擁護する意見はほぼほぼ出てこないでしょう。


諸田洋之(もろたひろゆき)静岡県議の売り上げはいくら?

諸田氏がマスクを販売していたアカウントが判明したようです。

アカウントは「gogohm2020」とのことで、「hm」は「ろゆき ろた」からでしょうか。

現在は出品されていないようですが、ネットへの出品回数は89回に上り、888万円の売り上げを得ていたとのことです。


諸田洋之(もろたひろゆき)静岡県議は辞職?

今回の件を受けて、諸田氏はどうなるのでしょうか。

政府は3月5日にマスクの転売を禁止しましたが、諸田氏のネットオークションでの販売はそれ以前の話のようにも見えます。

しかし2000枚セットを40回販売といった事実は異常ですし、そもそもマスク転売自体良く思われていませんので、国民から多くの批判が出ているのが現実です。

当然職場でも居辛くなる思いますし、辞職する可能性もあるでしょう。

また情報が入り次第、追記していきます。


静岡県焼津市では消防職員が備品のマスクをメルカリで転売

今回マスクの大量販売で報道があったのは、静岡県焼津市選出の諸田県議ですが、今月2月には同じ静岡県焼津市で消防職員が備品のマスクをメルカリで転売した報道もありました。

この報道は2月上旬での報道で、

焼津消防署の救急隊の男性職員が署の備品のマスクを許可なく持ち出し、インターネット上のフリーマケットサイト「メルカリ」に出品した

といった内容です。

これで、2月中に静岡県焼津市がマスク転売絡みで2回も報道されたことになりますね…。

この職員同様、諸田氏にもきっちり処分を受けていただきたいですね。


諸田洋之のマスク転売についてみんなの反応

↓関連記事↓

諸田洋之のマスク入手ルートは?株式会社来夢で仕入れた在庫品を抱き合わせ販売?マスクをネットオークションで大量に転売していた、静岡県議の諸田洋之氏。 その数なんと2000枚セットを40回です。 ↓内容がまだ...
埼玉県鴻巣市|マスク6400枚盗難の犯人は誰で内部犯?まつ毛エクステ店はどこ?2020年3月4日、埼玉県鴻巣市のビル内の物置に保管されていたマスク6400枚が紛失していることが判明しました。 (ads...
岩手県立二戸病院のマスク転売した40代女性臨時職員は誰で犯人の名前は?処分は懲戒解雇か2020年2月29日、岩手県医療局より、岩手県立二戸病院の40代女性の臨時職員が、マスク480枚を転売したと発表しました。 転売し...
コクミンドラッグ 抱き合わせ販売
コクミンドラッグ抱き合わせ店舗はどこ?ぼったくりな最低責任者は誰?薬局チェーン大手コクミンドラッグが、マスクを買い求める中国人客に対し、高額栄養ドリンクなどを抱き合わせて販売していたことが判明しました。...
マツモトキヨシもマスク抱き合わせ?九州地区5店舗で花粉症対策として販売か薬局チェーン大手コクミンドラッグが、マスクを買い求める中国人客に対し、高額栄養ドリンクなどを抱き合わせて販売していたことが判明しましたが...


Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.