テレビ

頭脳王の問題作成者は誰?クイズノックの福良拳(ふくらP)と川上さん?

2020年2月14日、今年も頭脳王が開催されます。

そこで今回は、頭脳王の問題は誰が作成しているのかを調査してみました。


頭脳王の問題作成者は誰?

頭脳王と言えば、

全国から、知力、計算力、発想力、推理力等を兼ね備えた人物を募集し、応募者が頭脳王の称号及び優勝賞金100万円を賭けて争う番組ですね。

問題は超ハイレベルなものばかりで、お茶の間にとっては

  • 「全くわからない」
  • 「分かるわけがない」
  • 「どうやって解くの?」

いった中、出演者が物凄いスピードで回答するといった、この差が人気となっています。

そんな超ハイレベルの問題は一体誰が作成しているのでしょうか。

調査したところ、QuizKnock(クイズノック)メンバーである、

福良拳(ふくらP)さん
 川上拓朗さん
 河村拓哉さん

が問題作成者の内の1人であることがわかりました。


頭脳王の問題作成者はQuizKnock(クイズノック)メンバーが多数!

こちらは頭脳王2018のエンディングに流れたものです。

頭脳王2018のエンディング

ここに<問題作成者>として、

福良拳
川上拓朗

といった名前が挙がっています。

このお二人と言えば、おなじみQuizKnock(クイズノック)のメンバーですね。

福良拳(ふくらP)

YouTubeチャンネルの開設に関わり、現在は動画プロデューサーとして企画・編集を担当している。動画には「ふくらP」名義で出演している。香川県出身。東京工業大学出身。QuizKnockには2016年12月から参加しており、当初は編集委員として記事の校閲などを担当していた。クイズ作家として『頭脳王』などのテレビ番組にも携わる。日本パズル連盟「日本パズル選手権2019」の第3ラウンドで1位タイの点数を記録している。

引用:wikipedia

川上拓朗

QuizKnockの立ち上げから関わるメンバーの一人。WEBの編集、ライターを務め、YouTubeの動画にも出演している。WEB上では「カワカミタクロウ」名義で活動している。大阪府出身。灘中学校・高等学校を卒業し、東京大学文学部在籍。高校1年の文理選択では理系を選択していたが、幼少期から国語が好きであり、文献などを研究したいという思いから高校2年の終わりに文系に変更したと語っている。得意科目は国語。また、理系にいたことから数学や理科も得意としている。中学時代からクイズ研究会に所属しており、その時から伊沢との付き合いがある。

引用:wikipedia

また過去には、河村拓哉さんも頭脳王の問題作成をされていたとの情報もありました。

河村拓哉

川上と同様、初期から活動しているメンバーの一人。YouTubeの動画の出演や企画、謎解きの制作などを中心に活動している。栃木県出身。東京大学理学部に在籍。テレビ番組『頭脳王』での作問経験がある。

引用:wikipedia

さすがはQuizKnockメンバーといったところですね!


まとめ

今回は、頭脳王の問題作成者は誰なのかを調査してみました。

QuizKnockのメンバーで携わっている方が何人かいて、改めて凄い人たちの集まりなんだと再認識させられましたね。

今回の頭脳王2020もQuizKnockメンバーは問題作成をしているのでしょうか。

本編も楽しみですが、最後のエンドロールにも注目ですね。

↓追記↓

今回の頭脳王2020の問題について、ふくらPからツイートがありました。

どうやら今回も制作に携わっていたそうですね。流石です!

それでは、最後までご覧いただきありがとうございます。


関連記事

【頭脳王2020】出演者一覧・結果・優勝者まとめ!河野玄斗が3連覇なるか!?今年2020年も頭脳王が開催されます。 今回で第8回目の開催ですが、一体誰が優勝するのでしょうか。 2018・2019年に優...
【頭脳王2020】決勝戦の問題集一覧まとめ!両者の解答・答え・解説2020年2月14日に放送された「頭脳王2020」の決勝戦の問題をまとめました。 全部で26問+2問(延長)あります。 両者...
【頭脳王】木戸直人は京大医学部で洛南高校出身!クイズ研究会にも!今年も「頭脳王2020!今夜決定!日本一頭が良いのは誰だ!?」が放送されます。 昨年の頭脳王2019では惜しくも準優勝だった、木戸...
【最新版】頭脳王歴代優勝者・準優勝者まとめ!学歴がとんでもなかった!全8回分(2011〜2020年)の、頭脳王歴代優勝者と準優勝者をまとめました。 頭脳王と言えば超ハイレベルな問題ばかりですが、そこ...